こんなキャッシングはハイリスク

キャッシングは計画的に、と言いますが、申し込めば即日ATMから引き出せる手軽さから、「借りている」ことへの意識がついつい下がりがちになるのは事実です。この結果、自分の貯金を引き出すように借り方を誤り、返済ができなくなってしまう人が少なからずいるのです。キャッシングをする場合、一番気をつけなくてはならないことは、複数箇所から借りることを避けるということです。キャッシングした箇所が多ければ多いほど、同月に返済しないといけない回数も金額も増えてしまうからです。元々何かお金が出て行く予定があって借りたはずですが、このような形で返済金額が膨れ上がると、生活費にも事欠くことになり、生活のためにまた借りる、という事態に陥ります。この生活費にも事欠く、という状態は本当に苦しいところで、こうなると何をどう切り詰めてもお金は全然増えなくなります。そこに借金の返済が重なってくると、たちまち破産の危険性が高まるのです。なので、キャッシングの上限額に到達すると他の金融機関から借りる、というパターンは絶対に避けるようにしましょう。複数箇所から借りることさえ避けるようにすれば、借金というのは、なんとか融通がきくものです。

複数箇所のキャッシングはおまとめローンへ

借金が雪だるま式に膨れ上がる、と言いますが、これは要するに、あちこちからお金を借りることで、一カ月の中で何度も返済日がやってくるという状態です。それぞれは少額であっても、収入に対する割合が高くなってしまうので、生活自体がかなり厳しいものとなります。さらに、返済日が過ぎても一息つく前にまた返済日、となると、精神的にもかなりこたえるものです。ここまでキャッシングの総額が脹れ上がったら、新生銀行などに「おまとめローン」の相談をしてみましょう。おまとめローンとは、複数箇所からキャッシングをした金額を肩代わりしてもらい、ひとつにまとめて、その金融機関からの借金にするというものです。キャッシングの総額自体は変わりませんが、支払いの頻度が月一回に軽減されるので、結果的にひと月あたりの支払い金額も少なくて済みます。生活費にしても精神的にしても、このおまとめローンでずいぶん救われるはずです。ただし、支払いの期間自体は長くなりますし、金利が上がってしまう可能性もあるので注意はしましょう。また、住宅ローンや自動車ローンなどは、おまとめローンの中に組み込むことはできません。あくまでもキャッシングで苦しんでいる人向けの救済策です。